築40年以上の住宅を2世帯住宅に。

 築40年以上前にご両親が建てられたご自宅を今度は、娘様が2世帯住宅にして終の住処として長く住み続けられるようにとリフォームを希望されました。

 

 築40年ということもあり、耐震性・耐久性・断熱性も心配されていましたので、耐震診断・インスペクションをおこなった上での大規模な増改築工事となりました。

 

 今回、長期優良住宅化リフォームの助成金を使うことにより、設備機器等のグレードアップを図り、より理想に近い形でのリフォームが可能になりました。

 

 玄関は増築し将来的には間仕切り壁を設け、完全に分けられるような作りにしました。

 

 また、デザインの凝った素敵な建具や階段・廊下廻りの素晴らしい仕上りを再利用することにより、お住まいの良いアクセントになっております。

 

 1階の生活同線は大きく変えず、増築することにより、広く使いやすいLDKが実現。2階は、既存の丸太梁をお施主様が気に入り、是非見えるようにしたいとのご要望がございましたので、新規を既存に合わせて丸太梁にて梁の掛け替えをおこないました。

 

 勾配天井と、奥行きのあるバルコニーに全開口出来るサッシを設置することにより狭い空間でもとても開放感があります。

 

 色やデザイン・間取りなど、お施主様のこだわりとセンスの良さが随所に感じられる仕上がりになりました。