心静かに 育む時間

 まるでどこかの別荘地のような自然あふれる、木々に囲まれた静かな場所にK様邸はあります。子供の頃の思い出が詰まった、旦那様のご実家の2階をこの冬にリフォーム。旦那様はヨガ・瞑想の先生、奥様はお茶の先生をされています。そんなお二人の活躍の場にもなる住まいづくりのお手伝いをさせていただきました。

 

 奥様こだわりの和室は、お二人のお仕事柄女性のお客様が多いため、女性目線を一番に考えてゆったりと落ち着く、安らぎの空間を大切にしました。紫の和紙が全体を引き締める床の間には、茶道具がすっきりしまえる、奥行き20cm程の収納スペースが隠れています。京都にある奥様お気に入りのお店から取り寄せた、つぼつぼ模様の唐紙は淡桜色の塗壁にあわせて薄ベンガラ色で刷られた模様が、やさしい空間を作り出します。

 

 大きな窓の開放的なリビングに無垢材のあたたかい表情が伝わってきます。のびのびと裸足で駆けまわれるアカマツの床材は、お嬢様の成長とともに美しく経年美化し、家族の歴史を見守っていくことでしょう。