薪ストーブがある暮らし

 山の香りが風に運ばれてくるような葉山の一角、山に沿う細道の先にY様ご夫妻のお宅があります。Y様邸は、ブルーグレイの壁に煙突のついた三角屋根が特徴。玄関前のピロティには、薪ストーブで使う薪が積まれ、山荘のようにロマンチックな趣を備えています。「築20年になるので隙間風対策と、より暮らしやすくするために、以前から外装を頼んでいた斎藤工務店さんに依頼して、玄関収納、お風呂場、寝室や客間、リビング、キッチンをリフォームしました」と、笑顔が素敵な奥様が案内してくださいました。

 

 玄関には天井まで高さのある収納棚を作り付け、お風呂場はバスタブのサイズを大きくし、風呂場用エアコンを設置。客間をウォークインクローゼットに変えて寝室のクローゼットを取払い、愛読書の並ぶ書架兼テレビ台を設けています。また、1階の階段の壁を切り取ったので周囲が明るくなり、奥様が飾る花が華やかに映える素敵なスペースになりました。キッチンは引き出し式収納のシステムキッチンに取り替え、冷蔵庫を奥の洗濯機のある小部屋へと移動させることで収納棚を増やしました。「とても使いやすくて、気に入っています」と奥様の笑みがこぼれます。眺望の良い2階のリビングはご夫妻の大切な場所です。壁は上半分が白いクロス張りで下部が木目の浮き出た腰壁スタイル。太い梁のある勾配天井に、灯具付き籐の羽のシーリングファンがついています。コーナーに置かれた赤い薪ストーブと壁際のサイドテーブル、チェアのクッションの色味がお揃いで、リビングの素敵なアクセントになっています。壁には昔、力士だった頃のお父様の写真や、以前飼っていた愛犬のスケッチなどが飾られ、奥様が陶芸で作った猫や犬達の置物がさりげなく可愛く置かれています。目下のところ、お風呂場で使う石けん受けを製作中とのこと。気持ちよく過ごせるように整えられた住まいへのお二人の愛情が伝わってきます。夕映えの富士山や相模湾の景色が映る窓を白い枠の外開き窓に一新し、隙間風の心配もなくなりました。

 

 ご夫婦ご自慢の薪ストーブも今年は一段と暖かく感じることでしょう。シンプルな空間にセンスの良いインテリアが素敵なY様のお宅です。