10.5坪の家を広く明るく

 今回のリフォームは公郷町のW様邸。水廻り(浴室・洗面・キッチン・トイレ)を中心にリフォームを行いました。

 

 OBのW様からリフォームをしたいとのご相談を受け、お話をお伺いしました。当初は増築をご希望されていましたが、建築基準法により制限を受け断念。その代案として、機能的な空間をつくり、空間を有効的に利用することで狭さを解消しようとしました。

 

 部屋を増やしたいけど…。できないなら広くしたい。お孫さんが泊まりに来た際、脱衣所がないため、お風呂に入りたがらない…。物が多いので収納を多く…。だけど狭い…。どうにかしたい。窓が閉まらず隙間が空いていて隙間風が寒い。床がギシギシ…etc。

 

 浴室と洗面脱衣所のスペースを確保する事を優先しながら平面プランを考えました。またデッドスペースが無いように、小さいながらも機能的な収納を設けるとこでスッキリ(物が出ない美しさ)とした空間を意識しました。部屋は3室(LDK除く)を確保。サッシはシャッター付サッシに交換して、簡単に開閉できるように。寒さを解消する為に断熱材の再充填を行い、床下は防湿コンクリートを打設し防腐・防虫効果を高めました。耐震性・バリアフリーといった基本的な事もしっかりと押さえてあります。

 

 お引渡し後に「自分の家ではないみたい。もっと早くやればよかった。」とお言葉をいただきました。これからは、お孫さんとの時間を楽しんでいただければ幸いです。