高性能な自然素材の家

気持ちのよい家

気持ちのよい家気持ちの良い家とはどんな家でしょうか。高性能なエアコンや高性能な断熱材がついている家でしょうか、それとも最新のキッチン、バスがついている家でしょうか。どちらも快適でしょうが、そのような要素が多ければ多いほど快適な家になるのでしょうか。とあるハウスメーカーが住宅は性能だと言います。間違えてはいないと思いますが、私たちは多少違う考えをもっています。

湘南三浦に住まわれている方ならピンとくると思いますが、断熱性能が劣る古い家屋でも、窓をあけて風を通すことで夏でも快適に過ごせたり、古民家の木の床がとても心地よく感じられたり、庇や簾で出来た日陰がとても心地の良い場所になったり、エアコンとは違う快適な夏の過ごし方がある事をご存知だと思います。私達は高性能な断熱材やサッシを否定は致しません。むしろ積極的に提案に取り入れています。しかしそれだけに頼った家はとても味気ないものだと思っています。
元々湘南三浦は都心に比べ夏涼しく冬の暖かい気候の良いところです。多湿な夏も陽が落ちれば気温も下がり過ごしやすくなります(都会は陽が落ちても温度が下がりません)。自然の海山を抜けてきた風は、都会の風とは違い体感温度を下げてくれます。強い日差しを庇や簾で遮れば、窓を開けてこの心地よい風を楽しむことができます。

それと昔から日本では木と土と紙で家を作りました。これは全て湿気を吸ってくれる材料です。「家のつくりようは、夏をむねにすべし(徒然草)」と言われるように、日本は夏が辛いのです。高温多湿、特に湿気が不快さの要因となっています。古民家の中がなぜ涼しく感じるのか、庇や大屋根による日差しの遮断と風の通る間取り、そしてもう一つ、家全体が無垢材や土、紙などの調湿機能のある材料で作られているからです。

高性能な自然素材の家

高性能な自然素材の家高気密高断熱を売りにするメーカーがありますが、あまり関心できません。確かに高気密で高断熱な事は良いことですが、高気密高断熱にすれば快適な家ができるという錯覚を与えてしまいます。

当たり前の話ですが、いくら高断熱なサッシをつけても庇が無ければ、直射日光がサッシに当たりとても暑い家が出来上がります。またいくら高気密高断熱な家をつくっても窓を開けてしまったら意味がありません。窓をあける頻度が少ない都内には良い家なのでしょうが、湘南三浦の気候を考えたら場違いなような気がします。

私達が考える快適な湘南三浦の家とは、まず高性能な事、これは前提条件です。しかし高気密高断熱ではなく、高断熱高遮熱です。気密は今の面材を中心とした工法なら自ずと上がり必要十分となります。それ以上の数値を求めるのは単なる営業アピールで、あまり意味がありません。それよりも湘南三浦の気候を考えた場合重要なのは「高遮熱」です。強い日差しを受けても暑くならない家にするには、高断熱だけではなく高遮熱、太陽の輻射熱も遮ってあげたほうが良いです。

次に日本の気候を考えてアレンジされたパッシブハウスである事。パッシブ(受け身)ハウスとはドイツで生まれた省エネルギー住宅の考え方で、住宅性能を上げて極力エネルギーを消費しない家づくりの世界基準です。しかし冬が寒いドイツで生まれたこの基準は断熱性能に重きを置きすぎで日本には馴染めません。そこでパッシブという考え方を環境に合わせた家づくりと解釈し、夏の日差しを遮る庇、風の通る間取り、冬の陽を取り込む日射取得型のガラス、外壁の通気工法、総二階で四角い家、調湿材料の多用などを行うことで、快適で光熱費もかからない家づくりを提案しています。

斎藤工務店が考える高性能な自然素材の家最後に重要なのは性能や数値に現れない「心地よさ」、無垢の床を裸足で歩く気持ち良さ、木の香りに包まれて起きる朝の清々しさ、年月と共に落ち着きと深さを増す家の雰囲気、これらは全て昔の日本の家にはあった心地よさです。しかし、合板フローリングとビニールクロスとビニールシールで作られている今の家では望めない事です。合板の床は冷たく冬は床暖房が無ければ歩けません。ビニールクロスを壁と天井の全面に貼った家は当たり前ですがビニールに匂いに包まれています。ドアも窓枠も一見木に見えますが、実は木目がプリントされたシールが貼られているだけ、年と共にボロボロになり深みを増すことはありません。いくら高性能な高気密高断熱な家でもこれでは快適な家とは程遠いと思います。

私達が考える気持ちの良い家とは、日本の気候にあった高性能なパッシブハウスで、自然素材をつかったものです。

【斎藤工務店が考える高性能な自然素材の家】

①高断熱高遮熱

高断熱(建築物省エネ法2020年基準の標準採用)で、屋根、外壁の全面に遮熱シートを貼った高遮熱な家

②日射の遮蔽と取得計画

夏場の太陽高度が高い日差しは庇で遮り、日の入りと日の出は日射遮蔽型のペアガラスで遮ります。家の中に取り入れたい冬の日差しは南面と北面のガラスを日射取得型にする事で取り入れます。つまり東西面には日射遮蔽型、南北面には日射取得型のLowーEペアガラスが標準となります。

③通気工法の採用

外壁面と屋根面に通気層を設けて断熱性能を上げます。外壁面は胴縁通気工法、軒下にも空気の取入れ口を設け、屋根面の通気層を通った空気は、最後は棟の換気金物から排気されます。

④通風計画

プランニングの際に、南北通風、上下階通風など卓越風や重力換気を用いた風の通る間取りを提案いたします。

⑤正形なプランニング

省エネルギーを考えた上で一番効率的な建物の形は、総二階で真四角な家です。複雑な形状の家は床面積に比べ表面積が増えてしまうので熱損失が大きく、結果光熱費もかかります。私達は可能な限り正形なご提案を差し上げます。

⑥調湿性能のある自然素材の採用

床、壁、天井には基本に調湿性能のある材料を提案いたします。また、ドアやカウンター材などにも天然木を使い、経年変化が楽しめる材料を提案いたします。

001 地域に根ざす工務店
002 斎藤工務店の家づくり
003 地震と耐震について
004 永く住み続けられる家
005 高性能な自然素材の家
006 ライフスタイルを大切にする
007 斎藤工務店の耐震改修工事
008 アフターメンテナンス