永く住み続けられる家

高度成長期の住宅の耐用年数は30年

高度成長期の住宅の耐用年数は30年高度成長期に建てられた住宅の耐用年数は30年と言われています。これは世界的に見ても短命ですし、戦前と比べても非常に短い寿命です。では何故、日本の住宅の耐用年数はこんなにも短くなってしまったのでしょうか。それは日本の気候や材料の特性などを無視して、コストと効率だけで家を作ってしまったからです。

例えば基礎。当然ですが基礎がボロボロになってしまったら、いくら上に乗っている建物が老朽化していなくても、その家は建て替えるしかありません。それだけ基礎というのは重要なのです。それでは、基礎の劣化のスピードを決めるのは何かと言うと、空気中の排気ガスや酸性雨などによるコンクリートの侵食(中性化)具合によって決まってきます。

コンクリートはアルカリ性です。酸性物質による侵食(中性化)を受けると強度を失ってゆくのです。強度を失ったコンクリートは防水性能も落ち、雨によって中の鉄筋も錆びてしまい、ひび割れだらけになります。ここまで来るともうダメです。本当でしたら、中性化のスピードはコンクリートの設計強度と水セメント比で調整でき、建物の耐用年数に合わせて50年とか100年とか適切な設計が出来るのですが、高度成長期はコストが優先され耐用年数は無視されてしまいました。

高度成長期の住宅の耐用年数は30年しかし驚くべきことですが、現在でもコスト優先の基礎を作っている住宅会社が非常に多いです。これは規制がないということもありますが、コスト重視というその会社の方針と、そもそも基礎の耐用年数に興味がない(知識がない?)会社が多いからだと思います。当然そういった住宅会社が作る基礎の耐用年数は短期(30年程度)となり、その家の耐用年数も30年となります。建売を買われる際には気をつけて下さい。

柱や梁などの木材に関しても同様です。戦後の高度成長期に建てられた家はコストを重視して本来はふさわしくない木材を使ったことで寿命が極端に短い家がたくさん建てられてしまいました。法隆寺を見れば分かる通り、もともと木は腐りさえしなければ何百年も持つ材料です。戦前の古民家などでは、木を腐らせない為に床下を外気に解放したり水を使う台所と浴室は離して作ったり木材も適材適所に使ったりと工夫をして、100年以上住める家を作ってきましたが、戦後に全て変わってしまったのです。

「適材適所」「気遣い」などの言葉は建築用語を語源としています。適材適所とは、例えば地面に近く腐りやすいと言われる土台の木には、腐りにくいヒノキやヒバを使ったり、固く粘り強い松は屋根を支える梁に使ったり、木目が美しい杉を柱に使ったりと、その木の持っている特性を上手に生かして丈夫で綺麗な家を作る事を言います。

しかし高度成長期に建てられた家は適材適所とはかけ離れた考えで建てられてしまいました。仕方のないことですが、例えば土台には本来腐りにくいヒノキやヒバを使わないで、代わりに農薬のような防蟻防腐剤を浸した木を使うようになりました。そしてその木には柔らかい米ツガが使われました。本来、建物の重さを1番下で支える土台には硬くて丈夫な木を使うものですが、硬い木だと防蟻防腐剤が染みていかないので柔らかい米ツガを使ったのです。これでは本末転倒です。

また、本来乾燥させてから使う無垢材を乾燥させないで使ってしまったために、木が乾燥によってそってしまい、床が傾いたりドアが閉まらなくなったりしてしまいました。数千年も木の家に住んでいた日本人がいきなり無垢材は狂うからダメだと言い出したのもこの時期です。
その代わりにできたのが、壁と天井にビニールクロスを貼って、床には冬にはとても冷たくなり夏には湿気でぺたぺたする合板のフローリングを貼って出来た、ビニールハウスのような不快な家です。エアコンをフル回転しないと住めないような家です。本来日本の家は日本の高温多湿な気候でも快適に過ごせるように、湿気を吸ってくれる材料で家を建ててきました。無垢材や土、紙などです。そして庇をだして陽を遮り、窓を開け放ち、風を通す。このような工夫で蒸し暑い夏を乗り切ってきたのです。

このように戦後の高度成長期に日本の家づくりはとてもおかしくなってしまいました。でも当時は仕方がなかったのかもしれません。問題なのは、今でもその流れで家づくりをしている住宅会社がとても多い事だと思います。

高耐久な家づくり

高耐久な家づくり永く住み続けられる家を作るには、まず基礎を丈夫に作る必要があります。そして基礎の耐用年数を設定する必要があります。その設定に基づいて基礎の設計を行いますが、住宅の基礎は設計強度と水セメント比を調整することで100年以上の設定もできます。基礎の耐用年数を設定しないと、基礎屋さんは最低基準のコンクリートで基礎を作ってしまいます。そうすると耐用年数は短期(30年)になってしまう場合があります。

次に、構造体はできたら無垢材を使う事。集成材はアメリカで作られ日本には50年ほど前に入ってきた比較的新しい材料です。住宅に使われるようになったのは大体20年〜30年程前です。当初、接着剤の匂いや剥離の問題があっても使われ続けた理由は、メーカーによる大量生産の体制に合っていた事とコストが安くすむ事でした。無垢材との大きな違いは実際の耐用年数が誰にもわからないことです。劣化促進試験や暴露試験なども行っていますが、接着剤の種類の多さや製法の多様さなどから見ても、どれも充分に検証が済んでいるとは言えません。また集成材を使って家を建てると建売のような匂いの家になってしまうのも問題です。

そして木を腐らせない事も大事です。木は腐りさえしなければ数百年ももつ材料です。一番腐りやすい土台にはヒバかヒノキを使う事。あと水分も良くありません。木を腐らせる木材腐朽菌は空気と水がないと生きられません。つまり壁の中に水分が無ければ木材は腐らないのです。ですから、在来浴室は良くありません。壁の中の結露も天敵ですから断熱材の適切な施工も非常に重要です。

あとは後々交換する事を考えられた排水管の通し方。排水管は見せない事を優先して壁の中や基礎の土に接する部分などに通す方法が以前はポピュラーでしたが、これではいざメンテナンスの際には壁を壊したり、最悪なケースでは基礎に穴を開けたりしなければなりません。私も床下点検で何度も壊された基礎を見たことがありますが、後から乱暴に壊された基礎はもう役に立ちません。私達はメンテナンスを優先して2階のトイレと基礎の貫通部分は後々配管を交換できるかたち(露出配管と立ち上がり貫通)にしています。

これ以外の内装や設備は比較的簡単で安価に交換する事ができますし、木造住宅(在来工法)は間取りの変更も安易ですので、やはり重要なのは基礎と構造体と設備配管になります。

100年住宅仕様

100年住宅仕様斎藤工務店では100年住宅仕様をお勧めしております。基礎の耐用年数が設定から、余裕をもった無垢材の構造体の設計。そして耐震等級と構造計算も実施し、設備の更新性も配慮した住宅です。多少お金はかかりますが、高価なキッチンやバスを入れるのと比べたら大体同じような金額です。キッチンやバスは後から幾らでも交換可能ですが、基礎や構造体は後から耐用年数を伸ばすのは不可能です。是非検討下さい。

001 地域に根ざす工務店
002 斎藤工務店の家づくり
003 地震と耐震について
004 永く住み続けられる家
005 高性能な自然素材の家
006 ライフスタイルを大切にする
007 斎藤工務店の耐震改修工事
008 アフターメンテナンス