木の家でつくる2世帯住宅

 ご両親と同居をすることになったA様。築40年以上で老朽化も進んだ実家を建て替え2世帯住宅にしたいとご相談がありました。通常でしたらメーカーや工務店を数社見て回り、比較検討することが多いかと思いますが、A様は地元横須賀で工務店と言えば「斎藤工務店」と、信頼をいただき当社に発注いただきました。見学会も熱心で、恐らく10回近くはご参加いただき、プランや材料を練りに練っていただきました。

 

 その出来栄えは写真の通り、スイス漆喰の壁と赤松の床、無垢のキッチンと広々パントリー、玄関まわりには格子の扉で雰囲気をだし、古民家調にするために自然塗料で塗装もいたしました。スイス漆喰で再現したホリゾンブルーと古民家調の塗装は数度試し塗りして納得いただいた奥様こだわりの色。元の家から移設した欄間と、本格和風の和室はお父様のこだわり。星の見えるルーフバルコニーと、緩やかな階段はお母様。ZEH(ゼロエネルギーハウス)仕様とサッシの性能、広々ウッドデッキはご主人。小屋裏部屋に登るボルダリングウォールはお子様の遊び場。家族全員の夢と思いがつまった2世帯住宅。練りに練って3年越しになりましたが、ご家族の皆様が本当に家づくりを楽しまれ、引っ越したあとも本当に楽しそうにお住まいになられるのを見て、我々も家づくりがお手伝いでき、とても幸せな気持ちになりました。