土地から一緒に

 S様とは土地探しからお手伝させていただきました。エリアは釜利谷西限定で、擁 壁、地盤などの状況にもこだわりのある大変思慮深いお客様でした。 じっくりと半年ほどかけて一緒に土地を選びました。とにかく知識が豊富で、建物にもこだわりを発揮し、間取り、材料、意匠にこだわった非常に素晴らしいお宅となりました。

 

 高温多湿の日本で快適に住まうために、まず南北方向と、吹抜けを通して上下階に風が通る間取りにされ通風を確保。またセルロースファイバーによる高断熱と、タイベックシルバーと遮熱グラッサによる遮熱で太陽光による輻射熱もシャット アウト。調湿性能にもこだわり、室内の壁には珪藻土を採用されました。

 

 和風のテイストも好まれ、外壁の腰壁と切妻の大屋根、そしてシンメトリーな外観と間口全体にかかる下屋でデザインを固め、内装でも障子の丸窓、千本格子 の建具、広縁、そして洗面鉢はお知り合いの窯元に依頼され伊万里焼の特注品を設置。また、構造体には奥様のご出身地でもある紀州和歌山の山長の杉材を使わせていただきました。