民家がイメージの家づくり

 2階の方形屋根を構成する4面の屋根面のうち西側の1面を1階の屋根さまで伸ばした外観がユニークです。和瓦葺きの屋根・リシン掻き落しの壁は、永年住み親しんだ築130年の建て替え前の民家のイメージを残しています。

 1階と2階の軒桁同士を結ぶ昇り梁によって、リビングの広い空間を確保しました。構造は安定した構成とする一方、化粧となる構造材が多く、金物を露出させない仕口・継手の工夫を凝らした匠の技の結晶です。オール電化の採用によりエコキュート床暖房とセルロースファイバー断熱効果によりランニングコストの縮減を図りました。吹き抜けを持つリビングの南面高窓からの冬場の陽光は、北側のダイニングスペースまで届きます。吹き抜けにある4枚引き違い障子は2階個室とリビングをつなぐ腰窓です。