梁下に皆集まる吹抜ある家

 横長な外観とはうってかわって、縦に伸びる内部空間。玄関に入り、最初に目につくのが「ブランコ」。それは吹抜けにかかる太い梁に取りつけられ、二世帯住宅の二世帯を結びつけるものとしてうまく機能しています。

 どの部屋にも風と光が入り、家の中が暖かく冬でも床暖房を朝に使うだけ。照明やエアコン代が節約されているというお話。また壁を珪藻土で仕上げたおかげで、キッチンでの料理の臭いも残らず、いまだに家の中は木の香りであふれています。オール電化の暮らしもブームになる前から取り入れたY様邸、光熱費の適切な使われ方ができている、とのことです。

仕様:ベタ基礎+基礎パッキン+(焼き土台)+紀州木材+セルロース+珪藻土+オール電化+エコキュート

ご家族構成:ご両親夫婦+ご夫婦+長男
1階床面積:111.24㎡(33.70坪)
2階床面積:69.56㎡(21.07坪)
延床面積:180.80㎡(54.78坪)